競艇を考える~其の一~

競艇を考える

競艇で収支を上げていく際には、レースの展開を予想し、その予想したレースの中から当たるレースを選ぶ必要があります。

そのため、この「競艇を考える」シリーズではどうすればレースの展開が予想できるのか、予想を当てやすいレースを選ぶことができてるのかについて考えていきたいと思います。

大前提

競艇は1コースが有利です。これは間違いない。ただなぜ1コースが有利かって考えたことがありますか?
答えは簡単で「1マークを先に回れるから」です。でもなんで先に回れたら有利かというと引き波がないからです。この「引き波」はキーワードになります。しっかりと覚えてください。

レースの主導権争い

予想において重要なのはどの艇、どのコースがレースの主導権を獲るかを考えることです。

レースの主導権を獲りやすいのはコース的に有利な1コースがまず上げられます。それ以外でいうと、3コースでしょう。これはあらためて考察を述べます(競艇を考える~その②~おいて)。

つまり主導権争いは1番有利な1コースと3コースで行われやすいため、この主導権争いにおいてどちらが勝つかを考えたほうがいいですね。

3コースの攻め方は基本的には2コースの外側を全速でぶん回す「まくり」もしくは1,2コースの間を差す「まくり差し」のどちらかです。

3コースが伸びがよく、ターン回りがよければ、まくりに行った場合はバックでは1号艇と同体、もしくはすこし遅れた位置につけることができます。

スタートで1,2コースより伸びている場合はプレッシャーを与えて左側にスペースをつくることでまくり差しを決め、逆転することも可能です。

反対に伸びがない状態でまくりにいけば、2コースを引き波に沈めることもできなければ、バックでも内側に複数のボートがいるという不利な位置取りになります。さらに強引にまくり、まくり差しにいくことで、ターンが流れてしまい、外枠に有利なスペースを内側につくることになります。

そのため、まずは3コースが伸びがいいのか、ターンのかかりがいいのか、そのうえで攻めることができる選手なのか、ここを見極める必要があるでしょう。

2コースってどうなの?

どの競艇場でも連対率が高いのは2コースです。1-2がよく人気します。しかし2コースは非常に難しいコースです。

2コースの攻め方としてよくあるのは「差し」です。この差しというのは1コースと交差するようにターンし、1コースの引き波を1本越えながら内側に入る攻め方です。

この攻めを決める場合、1マーク手前でスピードを緩め、再度レバーを握りなおし加速しないといけません。

さらに隣の3コースが攻めてくるのでモタモタしていると引き波に沈められることもあります。これらをこなすためにはまずは出足が必要になります(沈められた引き波からでてくるためにも)

つまり2コースを判断する際は

①選手の技量があるか

②モーターパワーがあるのか

③出足がしっかりしているか

を見る必要があります。

選手の技量は階級(A1~B2)や勝率によって、モーターパワーは履歴によって判断するのがいいでしょう。

そしてこれらを備えた上で、しっかりスタートいければ、3コースは強引に攻めるしかなくなり、攻め手に欠くことになります。ここまできてようやく、3コースを止めつつ、1コースと主導権争いができます。

4コース

今までの競艇ではインの1コースVSカドの4コースが主導権争いでしたが、低減モーターの導入やペラの向上、選手の技量アップにより、主導権争いの座を3コースに奪われたのが4コースです。

4コースは基本的にカドになります。カドになるとスローの選手とは違うことがあります。それは助走距離をとって伸びをつけることできることです。

この伸びにより3コースにまずはプレッシャーを与えることができます。プレッシャーをうけた3コースは早めに動かないといけなくなり、ハンドルを早めにきることで余裕がなくなり流れてしまいます

その結果内側にスペースができ、最内差しが可能となります。ただこの最内差しはよっぽどのモーターパワーがないと決まりません。

なぜなら1コースと2コースがつくった「引き波」を2本越えないといけません。よほどのモーターパワーがないと引き波を2本を越えて差し届かせることは難しいです。

なので4コースはまくりかまくり差しができるかどうかそこを判断するだけでよく、そのためのスタート力があるか、伸びがあるかを見るべきです。

展開予想のために

2,3,4コースの特性を踏まえることがまずは大切。その上で攻め手一番手の3コースが本当に攻め手になれるのか、2コースは壁になれるのか、4コースはプレッシャーを与えれるのか、1コースはそのまま逃げ切れるのかを予想し、展開を判断するべきです。

5,6コースは強力なモーターパワーがあるだとかのアドバンテージがないかぎりは自力は1艇身以上の先行スタートがないとまず無理です。

2,3,4コースのせめぎあいがあってはじめて舟券に絡めます。

よって3コース→2コース→4コースの順で、これまで書いてきたことを判断し、展開を予想してみるのがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました